FALAFEL BROTHERS 恵比寿店へ!ピタサンドはハーフサイズでもボリュームありました!

ファラフェルサンドとオーガニックレモネード

ファラフェルはイスラエル発祥の料理、ひよこ豆のコロッケのことです。

このファラフェルを専門にしたお店が今回訪れたFALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)

先日恵比寿にある完全食BASE BREADのカフェに行ってきたのですが、このFALAFEL BROTHERSも恵比寿にあります。
ちなみに六本木にもお店があり、そちらが本店のようです。

せっかく恵比寿まできたのだし、FALAFEL BROTHERSも前から気になっていたお店だったので寄っていきました!



行き方・アクセス

FALAFEL BROTHERS恵比寿駅の西口が最寄りとなります。
駅からお店までは徒歩5分かかるかかからないかぐらいで着きます。

西口はアトレ恵比寿のある側の出口で交番もあります。

駅前に416号という大通り(地下には日比谷線も走っている通り)があるので、これを真っ直ぐ渋谷橋まで進みます。
渋谷橋の交差点を真っすぐ渡って50m程で右手にFALAFEL BROTHERSが見えます。

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)へ

今回はBASE BREADのカフェから行ったので10分程かかりましたが、恵比寿駅(西口)からだと5分かからない程で到着します。
行き方も大通りを真っ直ぐ行くだけなので分かりやすいです。

着きました、FALAFEL BROTHERS!

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)

外国の方向けにも、“WE ARE VEGAN”と書かれた看板が店頭にはありました。

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)の看板

その下にはメニュー。

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)のメニュー

ファラフェルサンドにはハーフサイズもあるようです。
ファラフェル以外にフムスサラダボール等のメニューも。

フムスはひよこ豆にごまペースト・オリーブオイル等を加えペースト状にした食べ物のことです。

“恵比寿の皆様はじめまして”、と看板も出ていました。

オープンして間もないのかな?

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)の看板

とりあえず入ろうとしたら、あれっ?入口はどこだ?とお店の前でちょっとうろうろしてしまう。

手前側(恵比寿側から見て)ではなく奥にありました。
いったん右手のビルに入る形です。

入ると右手にドアを発見!!

FALAFEL BROTHERS (ファラフェルブラザーズ)の入口のドア

店内には日本の人海外の人10名程お客さんがいました。
広さはざっと20名程座れるぐらい。

レジで注文しようとするも、レジに人がいない!
いや、奥でお客さんの対応をしていました。
スタッフさん1人でやっているらしく、お客さんの注文や調理でけっこう忙しいようでした。

“少しお待ちください”と声をかけてもらったので、その間にメニューを再確認。
正直、さっき軽く食べたので、すごくお腹が減っているわけではない。
うん、ハーフサイズのファラフェルサンド注文しよう!

ファラフェルサンドセットを注文

5分程待つと、“お待たせしました”と注文を取ってもらえる。

ハーフサイズのファラフェルサンドのセットを注文しました。
ドリンクとポテト付きでお値段950円 (税込み)です。

正直ファラフェルサンドだけで十分お腹いっぱいになりそうだと思ったのですが、はい、このブログとインスタ映えにセットは不可欠、と注文してみたのでした。

それにしても、店内の雰囲気がなんか楽しい!
カウンターから既に楽し気!

店内のレジカウンター

店内のレジカウンター

メニューのサンプルがあるのも分かりやすい!

へ~、デーツのバーなんてあるんだ。
エナジーバーって書いてあるから、スニッカーズやカロリーメイト的なバーなんですね。

デーツバー

スイーツもすごく美味しそ~だよ~!

スイーツ

スイーツは全て植物性なんでバターや卵・乳製品は一切使用されていません。
プラスで小麦粉も使われていないのでグルテンフリーなのだそうです。
砂糖は白砂糖の代わりにアガベシロップとデーツが使われているそうです。

すごく食べてみたい、でも間違いなくファラフェルサンドだけでお腹一杯になっていそうなのでまたの機会にしよ~。

クッキーも気になりましたが。

クッキー

テーブル席はお客さんがたくさんいたので、カウンター席へ。
カウンター席は6席程、通りが目の前です。

カウンター席

店内には木もあってナチュラルな雰囲気です。
木はツリーハウスのように本物の木ではなく、あくまでディスプレイ用に作られた木です。

店内の木

手前はテーブル席です。

店内

セットで注文したドリンクは、オーガニックレモネード。
容器がおしゃれ!

オーガニックレモネード

プラスチックストローの代わりに金属製のストローを使っているところも環境に配慮していますね!
日本だとリユースのストローは中々見かけないです。

レモネード自体もとても美味しかったです。
なんというか手作り感のある優しい味わいのレモネードでした。
自分も学生時代よくカフェのバイトでレモネード作ったものです。

少しすると、先程のスタッフの方からお声がかかる。

ディスプレイからベースの野菜トッピングの野菜ソースを選べるようです。

ディスプレイのトッピングサラダ

ベースの野菜はほうれん草とケールにレタス。
ケールってめったに食べないからケールをチョイス!

トッピングの野菜も選ぶことができました。
いろいろ種類があったので迷いましたが、フムスとBrother Ganoushというナスのペーストを選びました。

最後にソースを選択。

ソース

“お勧めのソースはどれですかね?”
と聞いてみる。

“オリジナルヒニとスパイシーヒニはスタンダードでどちらも人気ですがシンガーヒニは期間限定のソースなんですよ”
とのこと。

期間限定、という言葉には弱い自分、シンガーヒニに決定で!

“ヴィーガンなんですか?”
と聞かれたので

“セミヴィーガンなんです、1人の時はほぼヴィーガンに近いです”
と伝える。

“こちらのお店はいつ頃からやられているんですか?”
と聞くと

“昨年の8月にオープンしたところなんですよ、六本木にあるお店の方はもっと前からやっています”
とのことでした

ここはコミュニケーションも大切にしているお店ですね。
通常のチェーンのお店ですと、まずこ~いった会話なかなかないですし。
と思いつつ、スタバはそ~言えば大手チェーンなのに、こんな感じのオープンな応対だった、とも思う。

その場でトッピングしてもらい、完成したファラフェルサンドはこちらです!

ファラフェルサンド

美味しそうです!

そしてフォークもついてきました。

マヨネーズに見えるのは先程チョイスしたシンガーヒニ
ゴマがメインのペーストです。
その下にはナスのペーストも。

ファラフェルサンド

なんか、爽やかなランチ、といったイメージ!

ファラフェルサンド

それではいただきます!

ファラフェルサンド

うん、美味しい!!

ファラフェルもさくっとクリスピーに揚がっている、揚げたてです!
シンガーヒニは濃厚な味わいで、ナスのペーストとファラフェルともマッチです。

ファラフェルサンドはけっこうなボリュームなんで、一緒に付いてきたフォークを使って食べました。
これなかったら、不器用な自分は口のまわりとか手とかきっといろいろ大変なことになってましたね。

ケールもシャキッとフレッシュでした!

後、このポテトの存在も忘れてはいけなかった!
こちらも揚げたてでとっても美味しかったです!

皮つきポテト

皮つきポテトなのが良いですね!

ちなみに店内で携帯のバッテリーが~、となった方もだいじょうぶ!
カウンター席とテーブル席では充電もできちゃいます!

充電用コンセント

おまけにテーブルの上には円形の置くだけでチャージできるタイプの充電器も。
iPhone8以降の携帯は充電できるようです。

これはありがたいですね!

最後に“ご馳走様でした”と挨拶すると、“お味はどうでしたか?”と聞かれたので、“美味しかったです、また近くに来たら寄りますね”と伝えお店を後にしました。



まとめ

FALAFEL BROTHERS店内 (まとめ用画像)

ハーフサイズのセットで自分は大満足でした。
ハーフでもファラフェルがけっこうごろごろ中にたくさん入っています、なんで通常のサイズだと相当お腹減ってないと食べきれない気がします。

味もしっかりしているので、ヴィーガン・ベジタリアン関係なく誰でも満足できる味だと思います。

スタッフの方の応対も良かった!
ただ、少しお店が混んでしまうと、ちょっと1人では対応が間に合わなそうな気もしました。

今回はスイーツもとっても気になったので、次回来た時にトライしたいと思います。

恵比寿はいろいろ面白いカフェがたくさんでした!

FALAFEL BROTHERS 恵比寿店/b>住所:東京都渋谷区広尾1丁目1−36
最寄り駅:恵比寿駅 (恵比寿駅西口より徒歩5分)
席数:22席 (カウンター:6席、テーブル:16席)
営業時間:11:00〜22:00
休日:不定休
ウェブサイト:https://www.falafelbrothers.jp/