台湾(台北)のオーガニックヴィーガンカフェMissGreenに行きました!

2018年11月24日

MissGreenのアボカドバーガー

台湾にはベジタリアン・ヴィーガンのレストランとカフェがけっこうたくさんあります。
肉料理もたくさんありますが、同様にベジタリアン・ヴィーガンのお店もたくさんあるのが台湾の面白いところです。

せっかくだったらただベジタリアン・ヴィーガンであるだけでなく、その素材にもこだわったところに行ってみたい、とチョイスしたのが今回行ったMissGreenです。

MissGreenの料理はその全てが有機食材ではありませんが、有機食材を中心に環境に負荷の少ない野菜を使用して作られています。



MissGreenへの行き方

MissGreenは最寄りの駅が大安駅です。
大安駅からは徒歩で15分程、1km歩くか歩かないかでMissGreenに着きます。

台北駅から大安駅、大安駅からMissGreenへの行き方は下記のとおりです。

台北(板南線に乗車) → 忠孝復興駅(文湖線に乗車) → 大安駅

1. 大安駅目の前の信義路四段を真っすぐ500m程進む
2. 敦化南路二段にあたるので(玉山銀行のある大きな交差点)、そこを右に進む
3. 左手に平安公園がありますが、そこもそのまま通り越して、2つ目の道である敦化南路二段63号で左に曲がります
4. 200m程真っすぐ道沿いに進むと右手にMissGreenが見えます


MissGreenで食事

ということで、雨の中やってきましたMissGreen

MissGreen

奥のテーブル席に案内してもらえました。
そして、中の雰囲気が大好きなことに気付く。

MissGreen店内

なんか楽し気な雰囲気だ。
天井から下がっているドライプラントの飾りも素敵です。

天井のドライプラント

店員さんは英語が話せ、メニューも英語訳がありました。

MissGreenのメニュー

MissGreenのメニュー

ふむふむ、アサイー丼豆腐のスクランブルか、気になる。
飲み物にはコンブチャも大きく表記がありました。
コンブチャ、日本でも少し前からちょっとしたブームですね、自分には昔ながらの昆布茶の方が慣れ親しみがありますが。

最終的に、アボカドバーガーに決定、260元なので950円程。
台湾の物価を考えるとなかなかお高め、日本とほぼ値段も変わらないですね。

ですが、そ~、ここは素材もオーガニックにこだわっています。

100%オーガニックではなく、できる限りオーガニック、もしくは環境に配慮した素材を使っているということでした。
お店のウェブサイトには50%以上の食材はオーガニックとのことでした。
恐らくその他は低減農薬等の野菜なのではないかと思います。

それ以外にもフェアトレードの材料も使用しているとのことです。

メニューにはその他、サンドウィッチ・リゾット・パスタ・ラップサンド、等々がありました。

水をだしてもえましたが、ステンレス?スチール?中々珍しいです。

水

ソファー席で待ちます。
ちなみにお店ではフリーWiFiも使えますよ。
奥の席ではノマドっぽい方がパソコンで仕事している感じでした。

MissGreenのソファー席

階下にも席があるようでした。

地下への階段

こちらはレジカウンターと奥がキッチンです。

レジカウンターとキッチン

入口横の棚ではいろいろな商品が展示販売されていました。

MissGreenで販売されていた商品

ドッグフードですね。
オーガニックで植物性のドッグフードです。

パンフレットの中にHappy Cowのシール発見。

展示されていたパンフレット

Happy Cowは世界中のベジタリアン・ヴィーガンレストランを検索できるよう集めたサイトでとても有名です。
ベジタリアンカフェ・ヴィーガンカフェとか調べると大体いつも検索トップにきます。

The green Roomというパンフレットもありますが、こちらもMissGreenのオーナーが台北市内に開いているカフェのようです。
タイ料理のヴィーガンカフェだそうです。

少し待つと来ました、アボカドバーガー!
けっこうな立体感!

アボカドバーガー

店員さん、“ブログやっているのですか?~”と、こちらも追加で持ってきてくれました。

MissGreenのメニューカード

が、ちゃんと最後まで聞き取れなかったため、使い道がわからない・・。o(-_-;*) ウゥム…
宣伝してね、ってことで勝手に解釈、全然意図違ってたらごめんなさい。

アボカドバーガーとメニューカード

ちなみに中身はこんな感じです。

アボカドバーガー

下から順に、レタス・ベジハンバーグ・トマト・アボカド・カイワレ、です。
ベジハンバーグの上にはオーロラソースがかかっていました。

このボリュームは、そのままかぶりついたら手とか口とか最後きっと大変なことになるパターンだ。
自分の場合はプラスで服とか膝とかにもこぼしかねない。

ということで、最初からナイフとフォークは準備されていましたので、ハンバーガーを切ってみます。
バンズはふわっと柔らか、ベジハンバーグ、いえ、ベジハンバーグコロッケはかなり表面固かったです。

アボカドバーガーの中身

食べてみると、美味しい、の一言です!

とりあえず、見た目通りですがボリュームがなかなかあります。

ベジハンバーグコロッケ、は大豆からできていますね。
表面はとてもクリスピーでカリッと揚げられていました。
中身は通常の大豆の他に黒大豆もそのまま練り混ぜてありました。
こちらも冷凍のものでなく、お店で一から手作りだそうです。

トマトもアボカドも新鮮で美味しかったです。

料理の味・お店の雰囲気・スタッフの方、全て大満足でした。

メニューはその他にワカモレの入ったハンバーガーに、ラップサンドも人気のようでした。
ワカモレバーガーは“マストトライだ”という海外の方のコメントも。
ラップサンドは本当に野菜で具を巻いてあるそうです。
なんで、通常の小麦粉のラップサンドを想像して頼んだ人は逆にへこんだという意見も。

自分が行った日は雨で平日の15時という中途半端な時間だったため、お客さんも自分と欧米のノマドワーカーっぽい方のみでした。
かなりゆったりした時間を過ごせました。

ナチュラルな雰囲気の素敵なヴィーガンカフェを探している方、MissGreenはお勧めですよ!
運が良ければ看板犬であるWayneにも会えるかも!




MissGreen
住所:台北市大安區敦化南路二段63巷28號
最寄り駅:大安駅(駅より徒歩15分程)
営業時間:12時~22時(日曜のみ18時まで)
休日:毎日営業
ウェブサイト (英語と中国語):http://missgreentaipei.com/
YouTube紹介動画:https://youtu.be/OKTskBK6UXQ
※上記2018年度11月時点での情報となります